託児所を十分に活用するために知っておきたいこと

託児所はサービス重視!

託児所は二種類ある

保育園と幼稚園は法律で定められている

保育園と託児所について、比べてみましょう。
保育園は、厚生労働省の管轄で、児童福祉法に基づく児童福祉施設になります。
保護者が、労働、疾病などの理由で保育できない事情がある場合、子供の保育を行う施設です。
保育園の環境や、保育士さんの人数も法律で定められています。

幼稚園は文部科学省幼児教育課の管轄で、学校教育法に基づいている学校になります。
入園できる子は満3歳児から未就学児までとなります。
「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」、「表現」について教育することと
運営設備や先生の資格について等、法律で定められています。

託児所は、無認可施設であれば、管轄もないので、法律の定めはなく、施設の経営者の方針でルールが異なります。

親に優しい、託児所サービス

法律で定められていない託児所は、経営者の方針がルールになります。
施設にもよりますが、0歳児から受け入れ可能で、24時間、夜間保育、お泊まり保育サービスも行っています。

保育園のように、疾病、労働などの理由がなくても預かってくれます。
法事や、友人の結婚式など、子連れでは参加しにくい場面もありますよね。
育児ストレス解消のために、ショッピングや映画に行くために、一時的にお子さんを預けたいと言う理由も問題ないです。
夜間の仕事をしている、親御さんには、夜間保育は必要不可欠ですよね。

個性を出すために、リトミックを取り入れて、歌ったり踊ったり、お稽古事のような時間を過ごせる施設もあります。
英会話や、読み聞かせ、体操など幼児教育的要素も兼ね備えているところもあるようです。

▲ ページトップへ戻る